タグ「 Eagle 」の記事

53件の投稿

お盆の間、弄ってた秋月のラジオモジュールNS9542。完成したかな??? 一応こんな感じでラジオが聞けるようになりました。 1.PCからシリアル使って操作ができる。 2.ボタンスイッチで選局できる。 3.赤外線リモコンで …
shuji009さんのブログにて”【電子工作】雑感~4年目を迎えて“という記事があった。 当方が電子工作を始めたのが”ニコ動の「【AVR】電子工作のススメ 第一回「マイコンのススメ」」 …
お盆の間、秋月のラジオモジュールNS9542を色々と弄ってた。 ブレッドボード上で回路を組んでプログラムを組んでたのだけど、部品やジャンパーが外れたりとどうもいまいち。 液晶や赤外線などの周辺機器の動作確認が出来たので、 …
はじめに 倒立振子ロボットのmbedのコントローラーボードの回路は、PIC18F2550版のコントローラーボードの回路と “うぉーるぼっと”の回路を参考に作成した。 工夫と言えば、パワーユニットボ …
うぉーるぼっとの回路などを参考にmbedの倒立振子ロボットのコントローラーボードを作成した。 それがこれである。 まずはステッピングモータ駆動テスト。そしてジャイロを用いて倒立振子のテストだ。
親しくしていただいてる がた老さん や shuji009さん がSTM32(ARM)と格闘(弄ばれてるとも云う)されてるのを見て、そろそろARMだ、32ビットだ、STM32だ、という気分になったので秋月でSTM32F4- …
ライタは沢山あるので新規にライタを作成することもないのだけど今更ながらUSBaspを作った。理由はTiny10を書き込む為のライタがないということ、それでは製作モチベーションがあがらないのでフリスク工作として作ってみた。 …
導通チェッカをタカチのケースに入れてみた。基板に直付けしたボタンスイッチをケース外から押せそうな3mmアルミ鋲をホームセンターにて発見した。ケースに3mmの穴を開けるだけでポタンスイッチの問題が解決する。 これがケースに …
CHaNさんの導通チェッカの動作確認がブレッドボード上で出来たので、Eagleで配線させユニバーサル基板で組んだ。Eagleで出力した配線図を片手の配線は楽なはずであるが、久々のユニバーサル基板に錫メッキ線での配線は大変 …
倒立振子ロボットのモジュールを作った。大元はからくり小箱のLIBRA-ZERO。 現在はPIC18F2550でコントールしてるが将来mbedでもコントロールできるよう、回路をコントロール部と電源&モーター制御部 …
PAGE TOP
Get Adobe Flash player