ばんと の記事

410件の投稿

PCを入手したらまずやること 今回購入した中古PCは、Windows7 Pro(64Bit)がハードディスクにインストールされた状態で届きました。 この状態ならまず第一にやらないといけないのが外部メディアから再インストー …
何周遅れのリプレイスだろうか!? ばんとさんの、今のメインPCはDELL INSPIRON 531だ。これ2007年発売の何と8年落ちのPCである。このPCはVistaマシンだったのだが、ダウングレードしたXPとUbun …
環境を構築 ソフトウェア ソフトのインストールなどの細かい説明は省略するが、ばんとさんは、STM32CubeMXは一応Windowsのみ対応というので、STマイクロサイトよりダウンロードしたSTM32CubeMXをWin …
STM32CubeMX STM32CubeMXは便利なのでみなさんに紹介する。 STM32CubeMXは、STマイクロ提供のC言語ソースのひな型を吐き出すジェネレータだ。 特徴は MCUメーカ純正品である 無償である グ …
MPU6050の誤配 ばんとさんは電子部品を通販で入手することが多いのだが、最近は誤配に次ぐ誤配で少々呆れ気味なのだ。 呆れたのはMPU6050。これロボコン4号に使っているのだが格安で扱い易いので、先日予備品として改め …
記事のタイトルを変更 DCモータを使った倒立振子ロボットの記事のタイトルは、これまで『DCモータ版倒立振子ロボットの製作』としてきたが、このタイトルではDCモータを作った倒立振子ロボットを再製作したとき混乱しそうなので、 …
ロボコン4号の操縦できた BluetoothなのでAndriodでプログラムを組めばスマホで操縦できるのだが、今はそこまでの情熱がないのだ。 そこでPCのコントローラソフトを以下のように改造してみたところ、何とか制御でき …
制御 前回、倒立振子ロボットが安定したと報告した。次は最後の難関の制御である。 旋回させるにはプラス・マイナス・ゼロになるように左右のモータに加える電圧を加減すれば良いのであるが、電圧の加減で前後に動かそうとすると倒立を …
停滞気味である 一月近く倒立振子ロボットの記事を更新してない。 カルマンフィルタ+PID制御の倒立振子ロボットの静止に四苦八苦。停滞気味である。 まずは、暇を見つけて試行錯誤した結果の報告。 MPU6050-DMPの試行 …
ニッケル水素蓄電池の内部抵抗 ニッケル水素蓄電池を倒立振子ロボットで使用するようになって、電池はまだあるようなのだけど停止したり、充電がひとつだけ終わらないときがあったりと、どうもダメな電池が混ざっているような感じだった …
PAGE TOP
Get Adobe Flash player