評価&動作確認

自作のLPC1114FN28ベースボードがあり、すぐに確認ができる環境なので、Watariさん製作のファームウェアでmbed interface化したトラ技ARMライタの動作確認をやってみた。

LPC1114FN28と接続

LPC1114FN28と接続

mbed interface化

Watariさんが書かれてるが、トラ技ARMライタに乗っているLPC11U35は、接続したターゲットMPU(今回はLPC1114FN28)とPCを接続しmbedとして使えるようにするOnBoard Interface のリファレンスチップらしく、mbed.orgが正式なコードを提供しているらしいのだ。

mbed interface化すると提供される機能は

  • 仮想mbedドライブ
  • 仮想USB mbed通信ポート
  • CMSIS-DAP Debugger

である。

普通のmbedとして

仮想ドライブ

mbed interface化したトラ技ARMライタをPCに接続すると、仮想ドライブがマウントされる。mbedの流儀に従って、web上でコンパイルしたbinファイルをドロップ&ドラッグすると、CMSIS-DAP経由でターゲットのLPC1114FN28に書き込まれる。

マウントされた仮想ドライブ

マウントされた仮想ドライブ

仮想USB mbed通信ポート

windowsならmbed Windows serial port driverをインストールしておけば、仮想USB mbed通信ポート経由でLPC1114FN28のUSARTが利用できるようになる。

仮想USB mbed通信ポートで通信

仮想USB mbed通信ポートで通信

通常のmbedとしての評価

LPC1114FN28故の制限があるがmbedとしては完璧だ。

MDK-ARM(uVision4)にて

拡張したmbedはローカル環境で構築できるので、フリー版のMDK-ARMで動作確認してみた。

CMSIS-DAPの設定

MDK-ARM(uVision4)でテストしていたソースが既にあるのでCMSIS-DAPに設定し直してみると、

CMSIS-DAPを選択

CMSIS-DAPを選択

以下のように”MBED CMSIS-DAP”として認識された。

MBED CMSIS-DAPとして認識

MBED CMSIS-DAPとして認識

デバッグ

プログラムのダウンロードもデバッグも問題なくできた。

デバッグ中

デバッグ中

完璧だ

旧来のmbedのように仮想ドライブにプログラムをドラッグ&ドロップするだけで書き込みができ、MDK-ARM(uVision4)からはターゲットのプログラムをデバッグができる。これは完璧だ。
トラ技ARMライタを使ってLPC1114FN28版俺様mbedを作ってみることにする。