活用法を思いついた!!

最近は、LPC1114FN28という大きなDIPな28ピンなCortex-M0なARMマイコンをmbed環境でプログラミングしてお気軽な堕落モード一直線なのだ。

お気軽モードの聖地、mbed.orgでWataraiさんが”トラ技ARMライタを mbed interface にする“という記事を書かれているのを発見した。

これまでLPC-Link2を自家製LPC1114FN28ベースボードに接続して遊ばせて貰ってたが、mbed interface化したトラ技ARMライタを載せたら自家製mbedボードになるではないかというアイデアが浮かんだ!!
ピンポン!!である!! 😆

ヨカッタ!ヨカッタ! トラ技のARMライタが死蔵されずに済む!!