死蔵庫の奥から

死蔵庫の奥から覚えのあるArduinoのシールドが出てきた。確か一昨年前、中華ショップの誤配送で注文してないシールドが届いたあれです。メールにて誤配送で商品が届いたと慣れない英語で報告すると、これまた慣れない英語で”あなたとの取引は完了済みです”の一点張り返答のメールが返ってくるだけでコミニュケーションが取れず、仕方なく商品は当方預かりでということになった。曰くありありのブツです。

謎のシールドは

謎のシールドは、どうもAdaFruit Motor Shield V1.1の中華コピー品のようで、DCモータ・サーボモータ・ステッピングモータを駆動できる多機能モータシールド。多機能なため目いっぱいArduinoのピンを占有してるので使い道が思いつかず死蔵庫入りになったのだ。改めて確認するとArduinoのA0~A5ピンとD2ピンがフリーだった。

ん!?。 😯
カルマンフィルターでテストしたジャイロセンサと加速度センサなら接続できそうだ。

なんか図ったように収まる

なんか図ったように収まる

死蔵品の一覧

すべて死蔵品。Arduinoは、センサ類のテストには活躍してるが、考えてみるとこれで何か作ったことはないのだ。

すべて死蔵品

すべて死蔵品

ステッピングモータと電源を何とかすれば、それなりのものが出来そうだ。
死蔵品に活躍の場を与えることができる。これで成仏!?できる。 😎