一年の報告

2013年の4月より運用と記録を始めた大気圧計が残したログのまとめである。
気象は短期より長期の記録の方が興味深い。一年の報告だ。

4月から12月までの大気圧変化

2013年4月の気圧変化

2013年4月の気圧変化

2013年5月の気圧変化

2013年5月の気圧変化

2013年6月の気圧変化

2013年6月の気圧変化

2013年7月の気圧変化

2013年7月の気圧変化

2013年8月の気圧変化

2013年8月の気圧変化

2013年9月の気圧変化

2013年9月の気圧変化

2013年10月の気圧変化

2013年10月の気圧変化

2013年11月の気圧変化

2013年11月の気圧変化

2013年12月の気圧変化

2013年12月の気圧変化

春や台風が多い秋に比べ夏は比較的大気圧の変化が少ないかったのは意外だった。

4月から12月までの室内温度変化

2013年4月の室内温度

2013年4月の室内温度

2013年5月の室内温度

2013年5月の室内温度

2013年6月の室内温度

2013年6月の室内温度

2013年7月の室内温度

2013年7月の室内温度

2013年8月の室内温度

2013年8月の室内温度

2013年9月の室内温度

2013年9月の室内温度

2013年10月の室内温度

2013年10月の室内温度

2013年11月の室内温度

2013年11月の室内温度

2013年12月の室内温度

2013年12月の室内温度

温度は分かりやすく変化している。

自作大気圧計の評価

自作大気圧計はハードウェアやソフトウェアの話題よりも収集したデータの話題が中心になった。
これは意外にも実用品なんだ!