進化してた

一年ほど放置してたSTM32(ARM)に取り組んでるのだが開発環境が進化してた。

進化というのはUbuntu(Linux)環境で動作するST-LINKユーテリティが結構つかえるのだ。これまでEclipseの開発環境ではST-LINKに対応したOpenOCD+gdbでデバッグしてたのが、ST-LINKユーテリティ+gdbで出来るようになったのだ。

Ubuntu環境は万全

UbuntuでのARMクロスコンパイル環境は、summon-arm-toolchainというクールなスクリプトを利用すれば、容易に構築できるようになった。しかも、使えるST-LINKユーテリティも揃ったとなるとSTM32開発環境は万全である。

これがデバックしてるところだ。

デバック中のEclipse

デバック中のEclipse

ご覧のとおり、ブレークポイントでちゃんと止まるしスコープ中の変数の中身も覗くことができる。

ちなみにデバックしているのはSTM32 Value line DiscoveryのRTCを有効にしUART2から時刻表示するプログラムだ。

RTCの時刻表示

RTCの時刻表示

備忘録としてSTM32 Value line DiscoveryとかSTM32F3-Dicoveryなどの開発環境の構築手順を書いておこうかな。