報告

恒例?の大気圧計の10月のログの報告である。

まずは大気圧変化から、10月も伊豆大島に大雨をもたらし甚大な被害を出した台風26号が通過した。深い谷の部分がそうだ。
双子台風27号も翌週通過したが、近畿にはあまり接近しなかったので、雨は多く降り風も強かったが気圧の変化は少しだった。
沢山台風がきて変化が大きいが、全体的に大気圧は高い傾向にあるようだ。

2013年10月の気圧変化

2013年10月の気圧変化

次に室内気温変化、不在で窓を閉じカーテンを閉めたままだったので気温の変化は少ないのかもしれない。
それでも、10月は前半は暑かったが台風26号が通過してから一気に気温が10℃ほど下がって秋らしくなったのが分かる。

2013年10月の気温変化

2013年10月の気温変化

室内の明るさだ。不在でカーテンを閉めたままだったので、明るさはあてにはできない。

2013年10月の室内の明るさ

2013年10月の室内の明るさ

次に電池電圧、不在がちなので電池切れしたとき適切に交換できない可能性があるので、早めに電池を充電した。

2013年10月の電池電圧

2013年10月の電池電圧

そして気圧偏差だ。やはり台風前後の偏差が大きい。

2013年10月の気圧偏差

2013年10月の気圧偏差