秋月で久々に購入

秋月で久々に購入した。

秋月から購入した部品が届いた

秋月から購入した部品が届いた

部品が足りなく作らなかったモジュールなどを作ってみた。

I2C接続小型LCDモジュール

nobchaさんがいち早く購入し電子工作したI2C接続小型LCDモジュールだ。難点は端子が1.5mmピッチで薄いガラスでできてて簡単に破損してしまうのだ。発売当初はモジュールのみの販売で、ブレッドボードなどて使おうと破損してしまった人が出たという曰く付きも代物。今は変換基板も売りに出されててキットなら600円で手に入るようになった。

これが購入したもの。キット1セットとと単体モジュール2セットだ。キットは組み立て済みである。

購入したI2C LCDモジュール

購入したI2C LCDモジュール

次はテストだ。動作確認してないとブレッドボードなどで使えない。今回は、3.3V版Arduinoでやってみた。理由はネットで調べたところArduinoで動作させている記事を発見したからだ。

Arduinoで動作確認中

Arduinoで動作確認中

ご覧のように”I ♥ Arduio”と表示された。動作テストはOKだ。

変換基板込みキットの価格は600円、変換基板のみの価格は400円、この価格なら大気圧計で利用したストロベリーリナックスのI2C LCD(共立電子の店頭で購入)を買ったほうがマシなような気がする。となるとモジュール単体価格320円というウリを生かすためにも、自作プリント基板で使うのが良いだろう。カギは1.5mmピッチの間隔で穴を開けることができるかどうかだ。

Nokia 5510

次はNokia 5510だ。SPIのモノクログラフィクLCDだ。春先にアイテンドに液晶TFTを発注したとき、変換基板1枚と単体モジュール2セットをついでに注文してたものだ。秋月の細ピンヘッダを切らしてたので組み立てられなかったのだ。

組み立ててテストしたのがこれである。まずはmbedでテストしてみたのだがテストパターンを表示して成功してるようなのだが、どのようなパターンが成功かよく分からない。 🙄

mbedでテストしてみたが・・・

mbedでテストしてみたが・・・

改めてRaspberry Piでテストしてみた。wiringPi & Pythonという環境だ。

Raspberry Piでテスト

Raspberry Piでテスト

ご覧のようにアルファベットが表示された。動作テストはOKだ。

AVR ATtiny2313ブレイクアウトボード

今年の二月ごろAVR MPUのブレイクアウトボードを数種類作ったのだが、細ピンヘッダが品切れになってしまって作ってなかったのだ。Eagle CADを見てみるとAVR ATtiny2313ブレイクアウトボート用の回路とボード図があった。作るつもりで書いてたのだが、そのままになってたようだ。そこで、この回路図とボード図を元にAVR ATtiny2313ブレイクアウトボートを作った。

それがこれだ。製作にはそこそこのスキルが要求される。

AVR ATtiny2313ブレイクアウトボード

AVR ATtiny2313ブレイクアウトボード

これで普段使っているAVR MPUのブレイクアウトボードを、すべて自作したことになる。

4種類のブレイクアウトボード

4種類のブレイクアウトボード

番外

これはSTM32F3 DiscoveryとI2C版のジャイロセンサと加速度センサだ。

STM32F3DISCOVERYとセンサ

STM32F3DISCOVERYとセンサ

STM32F3 Discoveryには、今回購入したジャイロセンサと今回購入した加速度センサより上位で磁気センサつきのモジュールがついてて950円と、単体のモジュールを買うより安く破格なのである。

お得なセンサなどのおまけの付き方から判断すると、STM32F4 Discoveryは、音楽プレーヤーを自作するためのSTマイクロのCortex-M4評価ボードであり、STM32F3 Discoveryはロボットなどを作るためのSTマイクロのCortex-M3評価ボードなのだと思う。
となれば、ばんとさんの電子工作のテーマのひとつである倒立振子ロボット用につかいたくなってくる。音楽プレーヤーなどにはさほど興味がないので製作意欲がわかないのだが、これは動くモノ大好物なばんとさんには、うってつけの評価ボードだ。

ちなみに高価?なモジュールを買ったのは、これでAVR ATMega328P版も作れるかなと色気が出たのだ。

もう一点。小型ブラシ付モータ対象のI2C版モータドライバ、珍しいモジュールである。
モータの回転方向制御は無論のこと、モータに加える電圧の制御もI2C通信でできるのだ。

DRV8830モータドライバ

DRV8830モータドライバ