OpenOCDでデバッグ

昨年STM32を勉強を始めた時はSTM32VLDなどSTLINKが載ったボードのデバッグは、Atollic TrueSTUDIO for ARM Liteのデバッグサーバーを借用して実現してた。OpenOCDがSTLINKをサポートしてなかったためだ。それが最近、正式にSTLINKをサポートするようになったのだ。
ねむいさんがWindows用のSTLINKサポート版のOpenOCDを公開していただているので、早速Eclipseで使えるかどうかチャレンジしてみた。

お手本を見ながらチャレンジ

ばんとさんは、STM32は初心者なものでお手本がないとEcliseを使った開発環境を構築できない。ちょっと工業系が通りますょさんがWikiに詳しく構築方法をお手本に構築してみた。

なんとか開発環境を整えてOpenOCDを起動したのがこれだ。

OpenOCDを起動してるところ

OpenOCDを起動してるところ

そしてこれがデバッグしてるところだ。

デバッグしてるところ

デバッグしてるところ

快適にOpenOCDでデバッグできる。しかし開発環境を作るのは面倒くさい。

フリーな開発環境

ばんとさんは有料の開発環境には、これっぽっちも興味がないのである。基本的にgccが好きなのである。8ビットCPUでPICではなくAVRを好んで使うのはgccがデフォルトの開発環境であるからだ。無論32ビットCPUでも一緒だ。面倒くさくても、gccで何とか作れるSTM32は好みなのだ。