確認

約一月運用した大気圧計

約一月運用した大気圧計

通常運用を始めた大気圧計のログを解析してみた。
4月の気圧のログをエクセルでグラフ化したものがコレだ。4月初めに爆弾低気圧が襲ってきたが、きっちりログに残っている。

4月の気圧

4月の気圧

次にこれは4月の気温である。設置している部屋の気温なのであくまで目安だ。

4月の気温

4月の気温

これが明るさのグラフである。4月初めはケースに入っておらず、直射日光の当たる机の上に置いていたので600近い値が出てるが壁に掛けるようになって安定したグラフになっている。グラフの一山が一日だ。

4月の部屋の明るさ

4月の部屋の明るさ

そしてこれが電池電圧のグラフだ。外部電源使ってた時があるので5Vの表示しているポイントがあるが、フル充電してからの電圧低下がよく分かる。この感じでは少なくとも一ヶ月ぐらいは電池が持つということのようだ。

4月の電池の電圧

4月の電池の電圧

評価

グラフ表示もない至って簡単な大気圧計だが、起動してからハングアップなどのトラブルはない。当初の目的通り気圧ロガーとしてしっかり働いたようだ。まずは合格である。
SDカードに記録したデータの容量は一月で約180Kバイトである。一年でも2Mバイト強で、どこで貰ったか忘れた16MバイトのSDカードで十分だ。電池も少なくとも一ヶ月は持ちそうなので、これまた合格である。