見落としてた

JTAGKeyでデバッグ

JTAGKeyでデバッグ

“ここで”紹介したJTAGKey Cloneで、やっとデバッグが出来た。

“マツドサイエンティスト・研究日誌”の野田さんの“STM32入門 JTAGkey クローンを作る”を参考に製作しOpenOCDのコンパイルやJTAGKey Cloneのドライバを導入して、CPUを繋いでJTAGデバッグできることは確認できていた。ここまてくれば後は、川内さんの”STM32マイコン徹底入門”で用意されてる開発環境でOpenOCDを用いてデバッグできるはずと、色々とやってみたけどダメだった。さらに悪いことにJTAGKeyをパソコンから抜こうとするとパソコンがハングアップしてしまうという有様で使えなかった。

ハードウェアの問題ではなくソフトウェアの問題だとは理解できたのだが解決方法が分からないので、JTAGKey Cloneはペンディングにして、気分一新、新たにST-Link/V2を入手してデバッグ環境を整えてみた。ST-Link/V2は新しいデバッガなので川内さんの開発環境では修正なしには動作しなかったが、修正するとデバッグができるようになった。

ST-Link/V2なら動作しなくても納得ものだが、JTAGKeyというと枯れた開発環境、サポートしている筈なんだがと…、改めて川内さんのHPを調べたら、libusb-win32を使ってJTAGKeyのドライバをインストールしている記事を発見した。半信半疑libusb-win32をインストールしてocd.cfgを以下のように修正したら、あっさり動きました、プログラムの書き込みもデバッグもOKです。かなり高速で、JTAGKeyをパソコンから抜いてもハングアップしない非常に安定した環境を得ることができました。どうも重要な情報を見落としてたようだ。

#Amontec JTAGkey Clone
ft2232_device_desc “Amontec JTAGkey A”
ft2232_layout jtagkey
ft2232_vid_pid 0x0403 0xcff8

回路

JTAGはひとつは持っておきたいツール。製作しようと思ってる方もいらっしゃるかもしれないので回路図やボード図を公開する。

JTAGKeyの回路図

JTAGKeyの回路図

JTAGKeyボード図

JTAGKeyボード図

3ステートバッファIC 74VHC125のVCCとGNDは暗黙で回路上のVCCとGNDに接続されているので注意してもらいたい。ユニバーサル基板などで回路図を見ながら組み立てるのなら、野田さんの回路図を参考にした方がよいかもしれない。

関連ファイル一式の公開

Eagleファイル一式を公開する。

JTAGKey関連ファイル一式"JTAGKey関連ファイル一式"をダウンロード

あとがき

秋月のAE-FT2232をJTAGとして使えるようにするEEPROM AT93C46は
は、入手が無難しいとネットでは書かれてるが、マルツの AT93C66Aが利用できる。