はじめに

3.3Vの電圧でも駆動するようI2CLCDを作り直し。
作り直しのポイントは3.3Vの電圧でも駆動できるところ。

改良点

  1. 3.3Vの電圧でも駆動
  2. シリアルの文字化け対応

1.は、積層セラミックコンデンサと小信号用ダイオードのチャージポンプ回路を追加し負電圧を生成させ対応。2.の文字化けはRC発信回路で8Mhzを動作させてたのが原因の様子。そこで8Mhzのセラロックを取り付けられるようにした。

3.3V対応I2CLCD Ver2.0

出来上がったのがコレである。

3.3V対応のI2CLCD Ver2.0

3.3V対応のI2CLCD Ver2.0

問題発生

5V電源モードならLCDに文字が表示されるのだが3.3Vの電圧にすると表示されない。
半固定抵抗からの出力がオカシイ、数mVしか出力されない。

半固定抵抗を修正

半固定抵抗を修正

あとがき(反省)

3.3Vで文字が表示されないのはEagleの半固定抵抗のライブラリィのピンアサインが間違ってたのが原因、回路の通りの接続になるように半固定抵抗を45度傾けて取り付けて対処した。今頃発見とはゲゲゲ…である。これまで適当に半固定抵抗を調整したら表示されたので問題はないと思ってた。思い込みはダメだ。

補足[2012/1/2]

電子工作の固定ページに、I2CLCD Ver.2を書きました。Eagleデータ・ファームなど一式も公開してますので、作ってみたいかたはどうぞ