特性の計測

そろそろ古いeneloopも退役かと思い、アマゾンにて新型eneloopを購入した。
『「買ってすぐ」「3年後でもすぐ」使える』といううたい文句のニッケル水素電池を、どれほど容量が残ってるのか興味があったので、放電特性を計ってみた。

購入したeneloop

購入したeneloop

購入したeneloop

新旧のパッケージの違いは、+と-の印の大きさが違うようだ。この印で区別できる。
今回4本新たに入手した。このうち1本を使い放電特性を計測することにする。

新旧eneloopの比較

新旧eneloopの比較

計測装置

計測はニッケル水素電池の放電特性計測で紹介した秋月放電器とArduino+WSN256で作った放電特性計測装置。ハードもソフトもバージョンアップなし。

計測結果

特性を計測した結果は以下の通り。
計測値から推測すると、約600mAhの容量が残ってた様子。まぁ合格でしょうね。

放電特性

放電特性