Demoduino(3.3V/8MHz版)の組み立て

3.3V版のArduinoを持ってないので、残りの基板は3.3V/8MHz版Demoduinoとして組み立てた。

ガリレオ7さんのPDFには、3.3V/8MHz版Demoduinoの詳細な組み立て方法の記載はない。
そこで当方で考えてみた。それがこの回路。

3.3Vの回路

3.3Vの回路

×印の部品は省略する。
5Vの三端子レギュレータの代わりに3.3V三端子レギュレータを取り付ける。
水晶は、8Mhzを取り付ける。
これで3.3Vで動作するはず。

組み立てたのがコレ

3.3V/8Mhz版Demoduino

3.3V/8Mhz版Demoduino

一箇所、はんだでジャンパをショートさせる。

3.3V版の裏

3.3V版の裏

区別できるようにシールを貼った。

2種類のDemoduino

2種類のDemoduino

仕上げ

通電テストをしたのちArduino Pro or Pro Mini (3.3V, 8 MHz) w/ ATmega328のブートローダを書き込んだ。

ブートローダの書き込み

ブートローダの書き込み

以下のコマンドでブートローダを書き込んだ。

$>hidspx -e -fL0xff -fH0xda -fX0x05 ATmegaBOOT_168_atmega328_pro_8MHz.hex

USB-シリアルアダプタ未完成の為、とりあえず製作&テストはここまで。

あとがき

8Mhz水晶がなかったのでマルツで購入。176円もした。秋月で買った16Mhz水晶は、確かひとつ50円だったはず。高い!

8Mhzの水晶

8Mhzの水晶