電源管理と確保

私のバイク(ST250E)に、ナビ用のスマホや走行動画撮影用のアクションカムを取り付ける予定ですが、これらを安定的に使うために電力を供給する必要があります。自分でバイクにUSB電源を設置することにしたので、デイトナのバイクUSB電源キットバッテリ電圧計キットの購入と同時にソケットレンチとハーネス加工に必要な電工ペンチも購入した。

加工済みのバイク用USB電源

参考にした回路がこれです。簡単な回路でテールランプのON/OFFに連動したリレーを介してUSB電源キットに電力が供給されます。

参考にした回路

参考にした回路

これが加工したバイク用USB電源、愛猫のアイコの厳しい検査が入ってます。

バイク用USB電源

バイク用USB電源

次にバッテリ電圧計です。電源部のコードが剥き出しだったので、熱圧縮チューブに入れました。これもテールランプのON/OFFに連動してパッテリ電圧計に電力がON/OFFします。加工済みのバイク用USB電源と同じ動きをします。

バッテリ電圧計

バッテリ電圧計

双方とも、テールランプのON/OFFに連動しているのでバイクのキーをOFFにした場合は一切電気が流れないので、バッテリの消耗を抑えられます。

バイクに取り付け

バイクに取り付けに関して、二点ほど問題があった。

一点目・タンクの外し方

キャブレータ仕様のバイクのタンクの外し方はネットの動画などでは沢山見つかるのですが、FI仕様のバイクのタンクの外し方を説明した動画がないのである。サービスマニュアルを買えば詳しく説明されているはずなので問題は解決するけど一万円もするので、現在バイク買って小遣いが底をついたばんとさんは買えないのです。
ST250Eを買ったバイク屋さんのメカニックさんにキャブのタンクは重力でガソリンがタンク外に流れでてくるが、FI車のタンクはポンプで強制的にガソリンを流しているのでホースを抜いてもガソリンは流れないとは教えて貰ったのですが、万が一ガソリンがあふれると一大事なのでタンクをずらしてハーネスを這わせることにしました。

タンク横ずらし作戦

タンク横ずらし作戦

とりあえずこれぐらいタンクをずらせば、ハーネスを這わせて固定できました。

USB電源の調整

USB電源の調整

そしてシート下にハーネスを這わせてリレーなどをバッテリやテールランプのラインに接続したら完成です。
何とか収まったけど、私の机の上のようにごちゃごちゃになってしました。

USB電源の配線

USB電源の配線

二点目・テールランプからの信号の取り出し

バイクのハーネスの処理は和尚氏直伝の方法を行ったのだが、テールランプのコードがきちきちなで工具が入らないので、不本意ながらテールランプの信号はバッテリ電圧計キットについていたエレクトロタップで取り出した。断線の可能性があるのだが、万が一テールランプが死んでも運転に影響が少ないと思われるので妥協した。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

トラブル

結果としてバイクUSB電源キットとパッテリ電圧計とも直にバッテリに接続することになったのだが、バッテリの+-端子でケーブル固定に使われている10mm長のM5のボルトでは、バッテリの+-端子に取り付ける端子が多くなり厚みが増し、バッテリの四角い変形ナットに食い込まず止まらなくなってしまった。仕方ないのでホームセンターで12mm長のM5のボルトを購入して対処した。

動作確認

写真を撮るのを忘れてましたが、バイクのキーによってON/OFF連動し二口あるUSB電源はどちらもスマホが充電されるのを確認しました。

そしてこれがバイクのキーをONの位置にしたときのバッテリ電圧計です。エンジンが掛かると電圧は14Vを超えて表示されます。

動作中のバッテリ電圧計

動作中のバッテリ電圧計

次は

慣れないバイクのハーネス配線に苦戦し、ごちゃごちゃのままシートで蓋してしまった。次の整備ではハーネスを整理する必要がある。後、チェーンに少し錆が出てるのが気になるのでチェーンのメンテが必要だ。
次の青空整備はハーネスの整理とチェーンの手入れです。