MPU6050の誤配

ばんとさんは電子部品を通販で入手することが多いのだが、最近は誤配に次ぐ誤配で少々呆れ気味なのだ。

呆れたのはMPU6050。これロボコン4号に使っているのだが格安で扱い易いので、先日予備品として改めてアマゾンで発注したのだ。アマゾンで破格で販売されているMPU6050はたぶん中国製のパチモンで、何故か沢山のショップ(しかも電子部品なんか扱っていなようなショップ)から同価格で販売されているのだ。
注文後数日で郵便受けにMPU6050が入った封筒が届いた。本来ならこれで売買は完了するはずなんだが、数週間後に、MPU6050が入った封筒が届いた。どちらの封筒も同じ注文番号が書かれた送り状が入ってた。

明らかな誤配だ。人によったら貰っちゃうかもしれないが、ばんとさんはこういうのは嫌いなので、アマゾンを通じてショップに確認を入れたのだ。
MPU6050は安価で予備品が2個になっても良いと思ったの返品ではなく買取の交渉をした。買い取るということでショップの指示通り改めて発注をした。普通ならこれで売買は完了なのだが、数日後郵便受けにMPU6050入の封筒が届いた。目がテンだ。”何故部品が届く!! どうなってんだ〜って!!”ところだ。

誤配のフォローで誤配、杜撰すぎる。ショップは2重に誤配したのも気がついてないのではないかと思う。
呆れたし邪魔臭くなったので、ショップが誤配と気付き何らかのアクションを起すまで放置することにした。

写真は中国のショップから国を超えて誤配されたモータシールドとともに誤配されたMPU6050だ。ひとつは半田付けしたが今回の一連のトラブルで手元に残ったMPU6050だ。

これでMPU6050の数はロボコン4号に取り付けたのもカウントすると4つになる。こうなると在庫過多で消化しないといけなくなる。誤配されたモータシールド(意外と高性能)とMPU6050は、PINがバッティングしてないので使えそうだ。誤配部品でロボコン5号とか作れそうだ。

誤配だらけ

誤配だらけ

部品が不足しかも…

これもトラブルだがアマゾンで安いLCDを発見したので4つ発注したのだ。発注後に気がついたのだが、これが中国のショップだったのだ。気が付かないうちに個人輸入することになったのだ!!

普通なら4つLCDが届いて売買終了なんだが、3つしか入ってなかった。確認してみるとLCDを4つ梱包した形跡はあるのだけど、ひとつ抜かれた感じだ。
アマゾン経由して不足のクレーム入れたら個人で交渉してくれとのこと、頭が痛くなるような日本語で書かれたメールを送ってくるショップ相手に延々と交渉して、やっと足りないひとつを送って貰ったのだ。
aliexpressでの発注なら、これがチャイナクオリティ!!、覚悟の上だが、アマゾンで注文したのに、どういうことなんだというところだ。
アマゾンさんょ!!中国のショップをなぜ混ぜる。個人輸入はリスキーなんだ。お手軽アマゾンとは違うのだ。怒ってるぞ!!

写真はトラブルのLCD。ショップはGAOHOUというところ。皆さん気をつけて!!

抜き取られてた

抜き取られてた