はじめに

エッチング液そのものは有害ではないらしいですが、銅イオンが溶け込んだエッチング液は有害で、廃棄する際には無害化する必要があります。

処理手順

サンハヤトのエッチング液を処理したので、付属の処理剤を用いて処置した。

  1. ジップロックに入れたエッチング液に、処理用A剤(鉄粉)を投入し良く揉み、水入りポリバケツに入れて反応熱を取る。
  2. 処理用B剤(消石灰)を投入し良く揉み、水入りポリバケツに入れて反応熱を取る。
  3. 反応熱が無くなったら、セメントを投入し良く揉み、硬化するまで放置する。
廃液処理後のエッチング液

廃液処理後のエッチング液

これで、溶け込んでいる銅イオンは析出された筈だし中和されてるので、不燃ゴミとして処分できる。

処理の化学反応

消石灰だけでもOKだと思いますが、サンハヤトおすすめの処理方法は以下の様です。
サンハヤトの廃液処理では、まず処理剤A(鉄粉)を入れて反応させてます。
反応式は、以下の様子。

CuCl2 + Fe → FeCl2 + Cu ↓

これで、強制的に銅を析出させてます。

次に、処理剤B(消石灰 Ca(OH)2)を入れて反応させてます。

反応式は、以下の様子。

FeCl2 + Ca(OH)2 → Fe(OH)2 + CaCl2

処理液の中身は、水酸化鉄と塩化カルシウムになってます。どちらも毒性が弱いらしいので廃棄可能らしいです。サンハヤトは、さらにセメントを入れて固めろと指示があります。処理後のエッチング液(真っ黒な液体)でも、飛び散ると酷い状態になりそうですから、固めて扱い易いようにしましょうということでしょうか…

サンハヤト手法に従って処理するためには、サンハヤトの処理剤を購入する方法もありますが、消石灰は園芸店で鉄粉は使い捨てカイロが利用できると思います。

おわりに

銅イオンを確実に無害化する必要があるので、鉄粉や消石灰などの処理剤を十分に投入する必要がある。